10月22日、ついに3年ぶりのオリジナルフルアルバム'Behind The Scene'をリリースします。
3年と言っても、アコースティックカバーをやったり、デビュー10周年ではベストアルバム、1年前にはミニアルバム'Resplendent'も出してるから、空洞じゃなくて中身がギッシリ詰まりに詰まった3年でしたけどね。
'Resplendent'を作れたときに予感はしていたけど、ニューアルバム'Behind The Scene'、キちゃってます。
新しい武器や戦法など使わずとも、今備わった肉体をすべて使った技で戦い、音の心で表すことができた作品です。
タイトルの意味「舞台の裏側」というのは、目に映る物事の表面をそのまま受け取るのではなく、裏側にある、そこに至るまでのストーリーやプロセス、作る人の思いや意図を知ることで、自分なりに掴み、本質を見極めたいというメッセージ。
そして、この作品に吹き込んだ、目には見えない、言葉にはならない「愛」を感じてもらえたら、これからの皆さんが生きる日々の舞台の裏側で、この音楽が鳴っていったら嬉しい。
初回版のDVDには、このアルバムの全制作過程(プリプロ~レコーディング~トラックダウン)を撮影し、メンバーの語りと合わせてダイジェストにした、つまり'Behind The Scene'のBehind The Sceneが収められました。


また同時に、初のヒストリーブックが出ます。
「ロックステディ~4人の人生が連鎖するロックバンドの過去から今」と題して、僕達4人それぞれの生い立ちから、音楽との出会い、メンバーとの出会い、バンドへの思い、そしてストレイテナーの歩みを語るインタビュー本。
もう今更滅多に語ることのない、赤裸々な内容です。


冬の足音が聞こえる。
ここからまたスタートです。
ついてきてくれますね?