CLOSE
  • RELEASE
    音楽プロデューサー小林武史さんのワークスアルバムにホリエアツシが参加しました。
    ホリエアツシが参加した一夜限りのユニットnovemのライブ音源が収録されています。
    以下プレスリリースより。

    日本を代表するプロデューサーの1人として名高い小林武史が自身のワークスアルバムをリリースする事が発表された。
    タイトルは『Takeshi Kobayashi meets Very Special Music Bloods』。
    30年におよぶプロデューサーとしてのキャリアを経た小林の近作をまとめた作品になっている。
    2年にわたり携わってきた東京メトロのCMシリーズの楽曲を中心に、昨年開催し約26万人を動員した宮城県石巻市を中心にした芸術祭「Reborn-Art Festival」のコンセプトソングとして制作された桜井和寿(Mr.Children)との共作「What is Art?」も収録される。
    また、ボーナストラックには2015年10月1日に【InterFM897】開局を記念して行われたプレミアムイベントの中で披露された一夜限りのユニットnovem(ノヴェム)のライブ音源が収録されている。novemのメンバーは、大木伸夫(ACIDMAN)、ホリエアツシ(ストレイテナー)、黒木渚、桐嶋ノドカ、小林武史という豪華ラインナップ。ファン垂涎の作品に仕上がっている。
    全11曲を収録した聴きごたえ充分の1枚、是非チェックしてみてはどうだろうか。


     
    小林武史『Takeshi Kobayashi meets Very Special Music Bloods』
    2018年4月4日(水)発売
    UMCK-1595 / ¥3,000 (tax ex.) ¥3,240(tax in.)
     
    【収録曲】
    Bank Band with Salyu / 「to U」(Tokyo Metro version)
    中島美嘉×Salyu / 「Happy Life」(unreleased version)
    Reborn-Art Session(櫻井和寿 小林武史) / 「What is Art?」
    YEN TOWN BAND feat.Kj(Dragon Ash) / 「my town」
    back numberと秦 基博と小林武史 / 「reunion」
    佐藤千亜妃と金子ノブアキと小林武史 / 「太陽に背いて」
    クリープハイプ×谷口鮪 (KANA-BOON) / 「陽」
    Bank Band / 「こだま、ことだま。」
    Salyu×小林武史  /  魔法(にかかって)
    novem(大木伸夫(ACIDMAN)、ホリエアツシ(ストレイテナー)、黒木渚、桐嶋ノドカ、小林武史)/「70」(Live version)
    他全11曲
     
    小林武史プロフィール
    音楽家。80年代からサザンオールスターズ、Mr.Children、My Little Lover、レミオロメンなど、日本を代表する数多くのアーティストのレコーディング、プロデュースを手掛ける。映画音楽においても、その突出した世界観によって、数々の作品を生み出す。岩井俊二監督と、映画と音楽の独創的コラボレーションで知られる「スワロウテイル」(96)「リリイ・シュシュのすべて」(01)を手掛け、ジャンルを越えた活動を展開。「BANDAGE(バンデイジ)」(10)では、音楽のみならず監督も務める。近年では、中国映画「後會無期(ホーフェウーチ)」(14/韓寒監督)、「萬物生長」(15/李玉監督)の音楽も手掛け、活動の幅を広げる。
    2003年にMr.Childrenの桜井和寿氏、音楽家・坂本龍一氏と非営利組織「ap bank」を設立。環境プロジェクトに対する融資から始まり、野外音楽イベント「ap bank fes」の開催、東日本大地震以降は主に被災地支援を行っている。復興支援を続ける中、新たな芸術祭の取り組みとして、宮城県石巻・牡鹿半島を中心とした「Reborn-Art Festival」を開催、昨年7月22日から9月10日の述べ51日間行い、大盛況のうちに終了した。Reborn-Art Festivalでは、実行委員長および制作委員長を務めている。
    音楽以外では、2006年に環境と消費を考える場として、レストラン、カフェ、オンラインショップなどを含む「kurkku」を立ち上げる。2010年には「農業生産法人株式会社 耕す」を設立し、千葉県木更津市と兵庫県丹波市で開墾を始める。木更津農場では、約30ヘクタールの農場内で有機農産物の生産・鶏卵の生産を実施。農場内に2Mkw/hの大規模太陽光発電所を設置し、電力の自主生産も行っている。自然エネルギーの普及や食の循環を目指すために、さまざまな試みを実践し続けている。

    *この作品の利益の一部は、ap bank を通じて、Reborn-Art Festivalの活動などに充当致します。